スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年4月30日の試合(プリンス②:磐田U-18vs岐阜工)

港での第2試合です。

ジュビロのユース、久しぶりに見るような感じです。
なんせ、このU-18のカテゴリー、去年磐田でやった全日本ユースの福岡U-18との試合以来ですんで・・・半年まで行かんけど・・・去年その試合しか見れてないんでほぼ1年ブランクがある、といっても間違いではありません。

正直、去年のユースのゲーム見れんかったこと、ものすごく後悔してるんですが、如何せんスケジュールが全然あわんかったんで、しゃあないわ。
で、その去年強かったメンツがそのままジュビロのトップチームに入ってその残った選手たちがどういう感じで成長して行くのか、楽しみではあります(^^

ジョカトーレ関の頃から応援してます石神選手も、もう3年生。
そうなんだよな、そのジョカトーレ関の頃にこの港サッカー場で見てるんですよね、こいつのプレー。
ものすごく楽しそうにプレーしてる選手がいるなーと思ったら石神選手でした。
あれからもう3年経つんか、早いな。

で、試合ですけど、いきなり失点ですわ。
岐阜工キックオフ→ボールカットできましぇん→右からクロス上げられる→クリアしたいけどなんだかジュビロの選手ばかり密集してるところでクリアしても味方にボールが当たっちゃう感じ→もう一度クロス上げられる→ヘッドで1失点・・・。
君ら小学生じゃないんだからその密集やめなさい!
クリアしても味方に当たったらダメダメじゃないですか・・・。
いきなりずっこけ気味で先制されてしまいます(--;;;;
僕もこれには怒れずに「にやにや」してしまう。
普段こういうところでカァー!っと大爆発する人間がニヤニヤすることほど、怖いもんはないです(自分で言うな)
最も監督のウッチーは毎度のごとくキャンキャン怒ってましたが(^^;;;;;

その後はまるでトップのチームを見てる感じ、まったく連動がない!
別にさ、ユースらしい若さを求めに試合見にいってるわけでもないんですよ、ただサッカーが好きだから港に行きましてね、そうしたらジュビロのゲームがやってるわ、じゃぁ見ようぜい、というノリでいってるわけなんで、まったり見てるわけなんですよね。
でもな、少しはチャレンジしてくれよ!

ったく上が上なら下も下だな・・・

と悪態ついてたら、左からクロスが上がってきて10番の増田がうまく足を出して同点ゴール!!!1-1
やるやんけ!
その後今度は28番の押谷がうまくためて6番(大竹)?がクロスを上げる→渡辺がナイスゴール!!
グラサポはそのほとんどが岐阜工を応援してましたんで拍手をする人は限られてたんですが(苦笑)僕は大喜びでした。

しかし、後半30分ごろでしょうかね、岐阜工も反撃に出まして左サイドからシュート→キーパーキャッチ!・・・あわわわ(およよよ、とでも言い換えよか^^;;)キーパーファンブル→押し込まれたぁ~~~2-2・・・。

ジュビロの永遠のテーマ・・・もう言わんでも分かるよな・・・。

松本・・・お前もか・・・。

その後はこう着状態が続きましたが、ドローで終了。

まぁ、2点で終わったのがダメだったのかもしれませんけどね。
13番の白井選手とか、石神も前線にどんどん絡んできましたし、途中から出てきた原田選手(開な)もウッチーにいろいろ指示されながらも積極的に動けてたと思うんですけど、後一押しが足らんかったね。
それでもFWの2人で点が取れた、ということがよかったな、と思います。

石神ですが3年ぶりに見たわけですけど、前半よりも後半のほうが動けてたな、という感じですが、もっと前線に絡んで欲しいです。
もっとアピールしてってちょうどいいくらいだと思います。
でも基本は楽しくプレーしてってちょうだい。

ジュビロですが、次は四中工と鈴鹿スポーツガーデンで試合です。
(14:15)
岐阜工は、おぉ~浜名と対戦ですか。
(港@14:15)

次も頑張れ。
スポンサーサイト

2005年4月30日の試合(プリンス①:名古屋U-18vs藤枝東)

港サッカー場(名古屋)で行われた東海プリンスリーグの名古屋ユースvs藤枝東の試合のレポです。

グラユースは前回もレポしましたがみんなでかい(苦笑)
藤枝東の選手たちが小さく見えます(^^;;;;
実際にスペックを確認しても10番の新川選手は167センチとまぁ、サッカー選手としても小柄なほうかな、という感じではあるんですけど、FWの久保選手とか(181センチ)GKの長谷川選手もでかいですしね(^^;;相手にしたら大変だわな、という感じです。

12:00からの試合・・・すでに到着したときにはキックオフの笛が吹かれてたんですが、グラユース、前の静学戦ほどの動きの早さが見られんかったな、という感じでした。
・・・そら前線からじゃんじゃんプレッシングかけて「お前らに試合させへんで~」という戦術ってのは、ホントに体力使います。
また相手の藤枝東もうまく散らしてたな、と言う感じです。
この辺は静学と藤枝東のサッカーの違いという奴だと思うんですけど、静学は個人技で勝負するチーム、藤枝東はチーム戦術でこつこつ繋いで行くチーム、どっちがプレッシングをかけづらいか、といったら多分藤枝東のような戦術じゃないのかな、と思うんです、個人的に。

しかし、ひとつのプレー(というかゴールな)からグランパスがペースをつかんでいきます。
2番の根津選手のFKが見事にゴールに吸い込まれて行く~1-0。
ちなみに、今日の港サッカー場、ものすごい強風が海側から吹いてまして前半はそれでも風上にたったグラが押してたんですね。
グランパスは風上のうちに点を取りたかったでしょうが、これで一気にグラがペースをつかんでいきます。
2点目は久保選手・・・どんなゴールだったか忘れた(^^;;;;;;;;;まぁ、決めたんです(苦笑)
このあたりからグラがそれこそ、前刈谷でやったようなごつごつと前線から有り余る体力で持って藤枝東に襲い掛かっていきます。
何人か藤枝東の選手がぶっ飛んでましたけど・・・違反やろ(これこれ)
もう少し体の小さい選手使いなさい(無茶言うな^^;;;;)

最も藤枝東もこれといった自分たちのカラーが出ないうちに終わってしまったのは残念だな、とは思うんですが、もう気持ち切り替えてかなあかんと思いますよ。
もう、これはしゃあない、正直。
とどめの3点目をとられてちと藤枝の選手も意気消沈という感じでしたけど、試合はまだたくさんありますんで巻き返しの方向に気持ちを持っていこう。

次はグランパスは場所は同じ港サッカー場で中京大中京と(5/7-12:00)
同じ県同士で盛り上がるでしょうね。
伊藤裕二さん(グラユース)と道家さん(中京)ですわ。
これはこれで見たいけどな(苦笑)

藤枝東は草薙球でエスパルスユースとの対戦です。
(5/7-14:15)

名古屋U-18 3-0藤枝東

岡崎市民球場

春季県大会です。
今日は岡崎市民球場に出かけてまいりました。

・・・知る人ぞ知る「日本で一番でかい球場」だそうで、「へぇ~何がどうでかいんだか分からんけど行ってみよまい。」ということで、行きました。
・・・さりげなく三河弁使ってます(^^;;;;

話それますが、前も話しましたが、僕の普段使う三河弁というのは、いわゆる「西三河弁」ではなく「東三河弁」・・・こういう言い方はあっとんだか分からんのだけど。
特徴として、東三河は語尾が「のん」とか「のぅ」とかが出てきます。
静岡県出身といっても佐久間というところは事実上奥三河(東三河)と捉えてもいいくらいに東三河とは親交のあったところで、僕自身も家族で出かけるときはは浜松よりか豊橋に出かけることのほうが多かったな、というのがそれなりの思い出です。
豊橋と浜松に親戚多いんですけど親戚の数は同数、というのも自分のことで恐縮ですが笑えます(苦笑)

ちなみに東三河は、豊橋、豊川、新城他。
    西三河は、豊田、刈谷、岡崎他。
新城はええとこですぜ。

はい、もどす(笑)

DSC02320.jpg

どこにでもある球場ではあるんですが、


DSC02321.jpg

センターが126メートル!!!(^^;;;;;
東京ドーム他が122メートルですから大きいわな。
でもこの地でプロ野球の公式戦が行われたことはありません(せいぜい2軍戦くらいですかね)

実際に会場に行きましても相当にでかい、というより広い感じです。
ホームラン出るんかのうという感じですけど、一応出るみたい(そらそうや^^;;;)
場所が岡崎の街から外れたところにあるんでアクセス的にはどうなんかな、と思ったんですけど、それなりにシャトルバスも出てるようですし、まぁまぁの感じなんではないでしょうか。
最もそのシャトルバスの通り口に車を止めてしまう神経、、こういうところもあるいみこの地方の悪いところでしょうかね、何度も場内アナウンスで「車動かせや、ボケェ!」と言ってましたっけ(--;;;;

で、今日は、今年の選抜優勝した、愛工大名電と、豊田市の豊田西高校の対戦。
豊田西は豊田市内の公立高校(県立)で、野球もそこそこ強く、甲子園にも6年位前に出てそこそこいい成績を上げたところだったような記憶があります。
・・・ちなみに僕の母校ではありません(^^;;;
うちの高校はサッカーとラグビーが強い。
名電が出る、ということでさすがにスタンドは満員近くになりました。

試合内容はさすがに名電は選抜優勝したところ、「バント戦法」でこつこつと仕掛けて着実に点を取りに行きまして。
豊田西も最終回に1点を繋いで取りましたが、やはり名電はピッチャーもいいし、強いな、という印象でした。

豊田西も頑張ったと思います。
今日は負けたけど、ベスト8以上のチームは夏の予選にシード校として出場することになるんで、いい下準備ができたかもしれませんね。

2005年4月28日の試合(磐田vs浦和)

昨日は疲れました(++;;;
試合終了時は精魂尽き果てた、という感じです。
浦和戦は相手の声量もでかいんで、こっちもそれに負けんように、と思って気合いれますがね、、、。
ですから余計に疲れます。
そういうところで同じジュビロを応援してる人間に限ってやれ「相手より声が出てない」だの「ホントにホーム?」だのち●かすみたいなこというアホおるやろ?
実践してください、スタジアムで。
ネット上ではいろんなことできますけどね、そういうことをスタジアムで実践してくれ。
・・・他サポがジュビロの応援のことグダグダ言う分には、無視や(笑)

はい、大嫌いな応援論はこれで終了。
応援は好き勝手にやる、これでいい。
・・・また噛み付いてくる人来るか?

そういうわけで、昨日は3万人強集まりまして、そのほとんどが当日券じゃなかったんだろうか、という印象ですが、よく集まりましたね(ん?招待券???ほほぅ~^^;;;)
付け加えときますがレッズサポは絶対数は少なかったですわ、数だけは圧倒。

試合開始前から俊哉コール。いろんな思いが交差してるわけですが、俊哉とは同い年なんで(71年生まれ、僕は早生まれだけどな)、僕はどこに行っても頑張れ!という気分でいます。
もう選手としていられるのも正直そう長くはないんで可能性を求めていろんなところでプレーする、俊哉の思うようにやってほしい。

他には名波がやはり欠場、西&太田というサイドでボランチに福西&ハットが入る、という感じで試合が始まったわけなんですが、前半は結構よかったんではないだろうか。
いい感じで攻撃もできてたし、浦和の攻撃も正直怖くはなかった。
(唯一怖かったところ・・・ジュビロから見て左サイド・・・ということは茶野・・・)
そうこうしてるうちに先制点が入ります。
ハットからのパスを受けて前田がミドルシュート!1-0!
ミドルが決まった、というのもあるんですがそれ以上に前向けてシュート放てた、ということにまず喜んでおきたいもんです。
しかし、その後じわじわとレッズが攻撃を仕掛けてくる・・・というかジュビロDF引けてないかい?
やっぱり、勝てないチームというのはどこか萎縮する要因があるんだと思うんですけど、どこや?DFするのに自信がないんか?それとも相手攻撃が怖いんけ?
その象徴が終了間際に取られた失点パターン。

レッズの誰かが左からグラウンダー気味にGK前へパス→茶野の前を通る→スルーしやがるボケ!永井だったか誰か忘れたけど決められました。
おそらく僕がフィールドプレイヤーだったら「味方の選手をぼこぼこに殴って一発レッド!」というシチュエーションです(苦笑)
・・・昔同じようなシーンがあって味方の選手をど突き倒したことあります「やる気あるんけ!」ってな感じで(^^;;;;;;
まさに同じシチュエーション。
ヨシカツがすぐに茶野を叱ってくれたんですが、いわゆるひとつの「乗ってるか~♪」という奴ですよ、集中切らすなね、ホンマに。
怒り大爆発で前半終了。

後半はその1点が大きく効いたんだろうね、相当レッズが押せ押せになってきます。
「寝た子を起こさせた」というもんでしょう。
それがシュート数に表れたんだろうね。
23本vs7本!
まぁ、シュート打てばいい、というもんでもない。
ただ、レッズは昔から傾向的に「攻撃させておけば向こうから勝手にこけてくれる」というところがあるんで(あまり決定力ない印象だから)、そういう点ではあんまし怖くはなかった。
そうなると、こっちのミスだわな、一番怖いのは。
ちと先に話しますけど、2-1になってすぐ同点に追いつくんですけど選手がみんな浮かれてた、と言ったら語弊があるだろうけどやっぱり最近勝ちなれてないわけですわ、いくら最近まで常勝チームだ~アジアなんたらかんたらが目標だ~とかいったところでさ。

23本シュート打たれてますが、勝ちゲームを落としたな、という感じです。
前半終了間際の1失点がなかったらここまでなかっただろう、と思ってるからなんですけどね。

まぁ、「たら」「れば」はあかんけどな。

でも、一時期のどん底からは脱出できただろうと思ってます、太田の起用がいい方向に行ってる感じですね。
動ける選手だから押せてないときでもどんどん押してる印象を受ける(苦笑)
だいぶ若手もなじんできてる感じですし、もう少し様子を見て今年の後半は台風の目になれるかもしれないな、というレベルまで来そうな感じで、楽しみです(^^

さて、PKですが、浦和には気の毒だったかもしれないんですが、磐田G裏から見てると、足が入ってるしPKになるかもな、という印象でした。
後は岡田に聞いてくれ。

磐田2-2浦和

2005年4月24日の試合(FC岐阜vs長良クラブ)

今日は大垣の岐経大Gまで行きましてFC岐阜の試合を見てまいりましたが、いやいや、今年頭に行った時よりもギャラリーが多くなっててびっくりです。
前回(1/6)は10人もいなかったと思うんですが、今日は選手の関係者以外にもいかにもサッカーファン、という人も多数いまして100人くらいはいたんちゃうかな?という感じです。
それだけ注目されています。
まぁ、第2の故郷の大垣のチームですんで、僕もちと遠いですが行けるときは行きまっせ!

TOPにもチラッと書いたんですが、森山、北村、そして津島(グランパスファンは知ってるかもしれません、平野とかの同期のDFだった選手です)とじわじわと戦力があがってる(というか補強)感じではあります。
既存の選手の中にも若い選手も結構いまして、結構元気のいい印象を受けました(^^

試合なんですが、相当苦戦しましたね。
立ち上がり早々に森下選手のゴールで先制したんですが、その後はシュートは放つんだけど全然枠に行きましぇん。

相手の長良クラブも必死に守ります、それこそ体張って、あの森山のニックネームの源となったゴリゴリとした感じのプレーにも必死に喰らいついて、時にゴリ山を挑発してみたり(苦笑)結構やるな、という印象でした。
それにしても北村、さすがにこの中では実力はなかなかのもので、今日に関してはボランチに入ってたんですけど、うまく散らしてましたし、時には自分でシュートを放ってみたり、前半はよく動いてました。

後半も岐阜がチャンスをよくつかむんですが、決まったところでオフサイドになってみたり(審判にも惑わされたりな)なんだか岐阜の選手がイラついてくる感じです。
そうこうしてるうちにカードが3枚くらい出たんでしょうかね、前述の北村もいらいらしまくってカードもらいましたし。

で、混戦から同点ゴール!
う~ん、攻めて攻めて点が入らんうちに点を取られる、というのはよくあるパターンだぞ~、どないすんねん、と思ったら、途中から入ったFWの西脇選手が決勝ゴール!
何とか勝利です。
元プロの3人はそれぞれ存在感ありました、また他の選手でも16番の永尾選手がよく中盤で動いてましたし、11番の高木(政)選手もいい動きを見せていました。

ただ気になったのが先制してなんだか「いつでも勝てるわさ」というムードが漂ってたところ。
いわゆるまったりモードというやつです。
これはあかんですね、2点で収まる試合じゃなかろうに。
もっと貪欲に行こう!

FC岐阜に関しては東海2部リーグで何度か口論義Gにも来るらしいので、そのときに行けるようなら行きますぜい。
メドゥ、岐経大Gである試合でも行けるときは行こうと思ってます(^^
次は29日のメドゥでの試合です、頑張れ。

2005年4月23日のゲーム(東海プリンス(2))

第2試合
名古屋グランパスU-18vs静岡学園
試合前からずっこけまくりです・・・場内アナウンスがしっかり選手紹介ができましぇん…。
でも無理はない、静学のメンバー表、文字汚いんだもん(誰や、監督かい^^;;;;;;)
・・・その兆候があった、ということなんでしょうか。

キックオフから圧倒するグラユース、久しぶりにグラユース見たんですが、今年のグラユースはでかい選手が多いな。
FWの久保選手からDF三宅選手187センチ、GKの長谷川選手182センチ・・・。
その中で目に付くのがパワーで相手を圧倒するプレー振り。
これにはいくらテクニシャンぞろいの静学も前半はまったく何もできない感じ。

1点目をとってから(誰だっけ?清水選手か。)やや引き気味になって2点目以後をカウンターで狙うというスタ色をとったグラユースに対し、個人の確かな技術で追いつこうも体力的な部分で若干押されてた静学。
フィジカル面は相当すごいな、という印象。
技術的なところはやはり静学。
10番の先崎選手のサイドを変えるロングパスとかいとも簡単にやってしまう技術はすごいな、と思いますね。
うまく散らしてたんですが、CKパスカット→一気にカウンター(それにしてもグラの10番の新川選手は速かった)→一気にゴールで0-2というシーンは正直口がホンマに開いてしもうた(^^;;;;;

後半も決定的なスピード豊かな新川選手のゴールで0-3となって後はGKを変える余裕なんかも見せて試合終了。
まぁ、静学がおかしいというよりもグラユースの体力を前面に出してきた試合展開に静学がついていけんかった、というのが正しいかもしれません。
・・・これで前節四中工に負けとんやな、どんなサッカーだったんやろな(苦笑)

グラユースは次節は同じく港サッカー場で藤枝東と対戦します(こっちが第1試合となります)

しかし、仕事がなかったら磐田行きたかったのぅ・・・まだ今期1回も行ってない(心残り)

名古屋U-18 3-0静岡学園

2005年4月23日のゲーム(東海プリンス:中京大中京vs岐阜工&名古屋U-18vs静岡学園)(1)

・・・長いタイトルになったな(^^;;;
11時30分に休出を終えましてその足でそそくさと刈谷まで向かいました。

第1試合 
中京大中京vs岐阜工
前半と後半でひょっとしたらまったく逆の感じでしたね。
前半は会場に着いたときはすでに中京が1点を取っていたんですが(4番の中田選手)その後に2点目を鋭い抜け出しから中京が叩き込んで(9番の吉田選手)「あ~これは中京の圧勝だろうな~」と誰でも思うもんです。
目を引いたのが、17番の伊藤選手。
いや~左サイドで相当に効いてましたね。
こういう動きを高校からできるってのはすごいな、DFに突かれてもしっかりボールをキープできるし、うまく育つと久しぶりに中京からプロに行く選手が出てくるかもな、という感想。
他にも前述の中田選手に吉田選手もいいね~。

しかし、岐阜工は後半開始からメンバーを2人入れ替えてきて、そこから逆に岐阜のほうが鋭い動きになっていきます。
その伊藤選手の裏をつく選手が出てきまして(岐阜から見ると右サイド)そこから何度もチャンスを作り出します。
そして岐阜工がゴール2つ決めてで2-2の同点。
その2点とも相手DF人がややばたばたとしたところをついたもので、岐阜工、さすがに岐阜の強豪校だな、という印象です。
岐阜工は目立ってたといえば、GKの清水選手。
元気よく声だししてました(毎度のことながらGKは一番後ろですんで声だししてくれるとホントにフィールドプレイヤーは助かるんです)
しかし、最後は中京のFKがズドン!と決まって3-2(誰だったっけ・・・?)
岐阜はゆかりのあるところなんで岐阜を応援してましたが、試合終了後は負けたけど頑張ったということで拍手を送りました、いい試合だったと思います。

ジュビロU-18は今度その岐阜工と名古屋の港サッカー場(ポートメッセのそばな)で試合をします。
岐阜工は特に目立つ選手はいなかったんですが(プレー面で)まだこれから調子を上げて行く段階だと思うんで、長い目で期待して行きたいもんです、ジュビロ戦は抑えろ(笑)

中京大中京3-2岐阜工

喧嘩に明け暮れる日々(苦笑)

・・・まぁ、大げさに書いてますが、毎度のように上司に歯向かう(と書くと聞き応え悪いですが)私はジュビロが負けた昨日も今日もおとといも(・・・3連敗け、ジュビロさんは--;;;;;;)とあることで関西弁上司と言い争い(というか議論)
まぁ、担当者と統括者との間の技術者レベルの話です(できん、できる、という内容)
もちろん仕事上のことですんで内容は触れませんが、まぁ、お互いいいたいこと言い合いましたんで割かしすっきりした気分で関西弁上司と酒飲みに出かけてます家に帰ってきてます。
ただ怒るだけでなく、「なんでこういうとがダメなのか」とか「これをするとちとまずいよ」とかいうのはそれなりに現場を知ってないと言えませんからね、そういう意味ではこの言い争い、というのは(内容触れませんが^^;;;)いい方向に行くと思ってます。
遺恨しか残らんのは単なる喧嘩、議論と喧嘩を履き違えますと、、、会社におれんくなるしな(^^;;;;;;;;

そういうことで、いつも一見ホットで心は冷静に行こう!

全日本ロード選手権@鈴鹿(後座でフォーミュラニッポンや(笑))

昨日もお知らせしましたように、昨日、今日と行われました全日本ロード選手権(バイク)についてのレポです。

2輪レースについてはこれが2回目、鈴鹿に関しては、この3年間で4回目の出動、そろそろ、鈴鹿に行く方法、というものも確立していこうか、と言う感じです。
まぁ、ある程度裏道も覚えましたし(2回行けばたいていその地に関してはわかるんじゃ^^)どの辺に車を停めよう、とかいうのも自分なりにできてきてますんで後は行き方、どの行きかたが合理的なんかな?ということ。

しかし、鈴鹿サーキットというのはだいたい分かってたけど、ホントに「ホンダワールド」という感じです。
ホンダのアミューズメントパーク(という言葉があっとんだろうか)という感じです。
カートとかコースターとか乗ったわけじゃないんですけど、たいていが「自分の意思で動かす乗り物」なんですよね、アトラクション、というものが。
このあたり、企業としてのホンダの思想というのか、ものすごく共感を覚えます。
へんな話になるけど、僕はホンダは大好きです。
ソニーとホンダはホントに独創的なところで「こんなもんが出まっせ~」と、自分たちのアイデアを遺憾なく出してくるじゃないですか。
こういう姿勢というのは企業として、考え方として好き。
いわゆるパイオニアのにおいがぷんぷんします。
(そこから作られるものの品質は置いといてやな^^;;;;)、
そういう意味では電気製品での大阪にあるどこかの誰かさんの苗字と同じところとか、どこかの誰かさんが住んでいるところの「お城(でもあたっとるやろ?^^;;;)」は、まったくその逆であるわけです。
後出しじゃんけん嫌い!
でもLD(・・・どこや)は例外として大嫌いです、思想からして、人間として大嫌いです。
だから替えたですけどね(何の話や)

ごめん、おもいっきしそれた(^^;;;;

レースの話です(苦笑)
DSC02308.jpg

昨日、今日と同じところ(第1コーナーの2階席部分)で見てました。
去年まで(って2試合ほどですが)いわゆるVIP席で見てたんですけど、僕の性格からして「もうあかん!あんな息苦しいところでふんぞりかえって見るのはいやだ!!」と臨場感あるコーナー付近で見よう、ということでまずそこに行ったわけです。
その後もヘアピンのところとか、ダンロップコーナーとか、カシオトライアングルとかいろいろ移動してみたかったけど・・・サーキット場はサッカー場じゃない、移動するには広すぎる(^^;;;;;;
だから一つのところで見てたわけです。
コーナーで見てると選手たちのコーナーリングの時の姿勢にまず驚嘆です。
DSC02316.jpg


見ながら「だからああいうゴムを使ってるんか」とか・・・業界人らしいコメントをしてしまってますが(ごめん)コーナーで見るほうがいわゆるストレートで見るよりも全然いいですね。
ついついいわゆる鈴鹿でいうならばピットとの正対のメインスタンドで見るのがいいと思うもんです。
こういう点ではサッカーと一緒です。
いろんなアングルで見たほうが断然おもろい、これはどのシチュエーションでも一緒です。
ましてや僕はタイヤ業界にいるわけです。
ストレートのところで見てたってタイヤの性能なんて、わかるわけないわな。
曲がるときでもスピードが落ちずにグリップ力キープできて、磨耗も云々・・・。
それが知りたいならコーナーにいかなあかんわい。
そういうことで、あの第1コーナーで見ることでそういうゴムを使う必要性がわかるわけです。
で、そのゴムがうちの工場でロスなく練れるか・・・そういう話になってくると、このレポートをそんまま会社に持ってかなあかんくなるわけなんですがね(苦笑)
まぁ、このブログでのレポとして「サーキットで観戦するにはどこで見たらおもろいか!」というテーマに対して、
答えは、少なくともメインではない、ということが分かっただけでも今回の最大の収穫です。

サッカーでも、野球でもあると思うんですよね、その場所で見ると自分のプレーについて勉強になるな、とかあるわけなんです。
そういうものを探して自分の意思で応援する、これでええんじゃないか、と思います。

話がそれかけたところで、今日のレースの結果・・・中富選手は3位!残念!
でも、上位をほぼうちのもので占有できた、という点ではまぁまぁだ、と自己満で思ってます。
トップ行きたかったけど、伊藤選手もなかなかの実力者だし、そうそうは行きません。
でも、それに満足してたらいいゴムは練れません。

だから、もっといいゴムを練ってやる。
練るから絶対勝て!(笑)もし勝たな、うちの工場で練らさんぞ(笑)

2005年4月16日のゲーム(デンソーvsHonda)

鈴鹿で行われたフォーミュラニッポンと全日本ロードレース選手権(こっちはバイクな)の予選に行ってまいりました。
メインは2輪レースのほう(フォーミュラレースは参加してません)
まぁ、この内容につきましては、明日当ブログにてレポを書きます。
でもこれだけは言っておかんと。
走ってるライダーに挨拶「練りゴムの面倒を工場で見てるマツです。」
「あ、どうもお世話になってます」
そこで済ませておけばいいものを、ついつい、
「やるからには勝たなあかんです!打倒BSで頑張りましょう!」
・・・隣のブースにBS社の担当がいてな・・・ライダーくすくす笑ってるし・・・・・・BSの担当者はこっち向いてて苦笑いだしな・・・ホンマに無鉄砲というのか・・・我ながら呆れる・・・。
でも・・・まぁ、これは・・・いつものことや(^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
まぁ、僕の持論「グダグダ言わんと、勝ちゃあええんや!」
そういうことです(どういうことや)
こっちはゴムを練りました。
後は頼むで!あんちゃん!(←ライダーのことな^^;;;)

実際ジュビロの選手とかと話したことないんですけど、多分同じようなことを言うんだと思うんです。
もうこれはしゃあない、仕様ですわ。

今日は予選、明日頑張り!といって鈴鹿サーキットから刈谷の新装なった総合G(刈谷市総合運動公園陸上競技場・・・名称がどうやら変わったな、場内アナウンスでも「刈谷市総合運動公園陸上競技場」といってたし)でデンソーvsHondaFCの試合を見てました。
久しぶりの「ホーム」ですね、やはり相当にお客さんも来てましたし、豊田とか、豊橋、さらには名古屋の港サッカー場他等などとはまったくスタンドの雰囲気も違う。
とにかく熱い!
このなんとも言えないホームの雰囲気の中で試合が始まったんですが・・・。

前半、立て続けに3失点・・・おいおいどないしたんや!という感じだったんですけど、その3失点はいわゆるHondaのうまいDF裏をつく感じのゴールで、これはホンマにHondaは強いや、という印象を見せ付けたんですが、そこから「???」という感じになっていきます。
3失点で目が醒めたのかわかりませんが、デンソーがじわじわと自分たちの形を作り出して行く。
その形は前半のうちにはしっかり出なかったんですけどそれでも相手キーパーにナイスセーブで阻まれた、という場面も作り出したりして、結構やるかも知れんな、という感じになって行きます。

後半になると、Hondaが3点もとってるにもかかわらず、デンソーの早いプレスに時々たじろう場面もちらほら。
今期のデンソーは決して悪くないよ、といってるのはこの早目のプレスを仕掛けていってるところなんですね。
後半なんかHondaはまったくサッカーが出来なかった時間もあったくらいですし、それを考えると決して悪くは無いぞ!という印象を持つ。

後は決定力。
後半も2本いいシュートが相手キーパーに阻まれて結局0得点だったんですけど、あきらめずにその自分たちのサッカーを貫いてって欲しいんです。

正直言って前のジェフ戦のジュビロよりもデンソーのほうがいいサッカーをしてる(ほんまやで)
よく動いてるもん。
だからTOPにも書いたんですけど「自信持ってプレーしていこう!」ということになるんですね。

このチームは1勝すると一気に行きそうな雰囲気を持ってます。
試合終了後、デンソーゲームとしては久しぶりに拍手をして帰りましたが(苦笑)期待して、ええんちゃう?

期待だけに終わらんように頑張れ。

デンソー0-3HondaFC

今日はバイクレースの日。

そういうわけで、今日は鈴鹿へ行ってきます。
堂々と、関係者で入り口から入ります(笑)
・・・まぁ田舎もんだからついつい自慢げに言ってしまうわしを許せ(^^;;;

一回サッカースタジアムでこういうのやってみたいけどな。

そういうことで行ってくる。
続きは帰ってきてから。

とにもかくにも

昨日TOP更新終わってから程なく「TELLLLLL~♪」と携帯TELが。
ギクッ関西弁上司・・・。
「かくかくしかしかでやな・・・。」
「しゃあない!行ったるわい!」
そう、現場からのお呼び出しです。
公認のサッカーばかのおいらはジュビロの試合あるなしにかかわらずサッカーを見に行ってる(やってる)人間ですんで試合があるときは家にいない、ということを会社にも伝えてあります。
そういう意味では融通がものすごく利くところなんです。
だから水曜に試合があるときなんか本来なら「水曜に試合があるから休むで~。」といっても全然ノープロブレムなんです。
・・・しかし、わしはレース担当・・・水曜日は試作エントリーの日・・・。
ですから水曜日一度も休んだことありませんの。
過去何度か水曜強行出動で磐田まで行ったことありますけど・・・もうあんた、捕まりたくないです(><;;;;;;;

それましたが(苦笑)そう、会社からお呼びがかかって「何でうちにいるとわかったんかな。」といろいろ考えながらハッと思ったんは今週(この土日な)はどこに行くとか伝えてなかったんですね。
ですからやむなく御用となった(御用言うな)んですけどね。

会社にいって現場のおっさんたちとあれこれこうこうと話をして・・・2、3時間かかったんですが、何とかトラブル処理終了。
「もうトラブル起こさないでよ~。」と現場の班長さんに言ったら、
「お前も土日に家にいるだなんて、寂しい男やな。」う・・・鋭利なコメント(^^;;;;;;;
「そらそうや、わしもさっさと結婚したいけどな。世間が許さん(何やそら)」と言い残して家に。

・・・今週はサザエさん見れませんでした(爆)

2005年4月9日の試合(大学サッカー@港)

じゃんけんで(嘘)港サッカー場に行くことにしました、結局(^^;;;

まぁ、浜大(浜松大学)と静産大が出る、ということでこっちにしました。

第1試合
浜松大学vs中京大
健太が清水の監督になりましたね、その代わりに浜大の監督になったのが、あの桑たん。
去年の磐田での采配見てるんで、そこから立ち直ってるかな~とか、立ち直るもクソもないかもな~とかいろんなこと考えながら港サッカー場に。
結構来てましたね>ギャラリーの大半は地元の中京大の応援です。

話それますが、厳密に言えば、中京大は地元の大学なんです、豊田市にある、ということで言いますとね。
今年は豊田市内にある大学で学泉大(愛知学泉大)とダブルで東海大学リーグの一部リーグを戦う、ということになるんです。
ただ、今住んでるところから、相当離れていますんで(苦笑)ちっとも地元の大学、と言う感じがしない(^^;;;
そういうことで、地元の大学、という話となると、どうしても愛教大(愛知教育大学:刈谷市)になってしまうわけなんです。

またさらに話がそれますが上記に挙げた大学、僕は大学受験の際に受けてません。
一応、
1.一人で生活しよう!(要は下宿生活)
2.知らんところで生活しよう!
・・・などなど自分なりに設計して大学選んで、受験して受かったところが某OG大学だったわけなんです(・・・どこや^^;;;;;)

それはいいんです、お前の受けた大学だとか知るけ。

で、中京大は受けんかったですが、浜大(当時は常葉学園浜松大学)は願書が締め切りに間に合わん、というドジで縁がありませんでした、そういう因縁の対戦。

試合内容なんですけど・・・中京が圧倒しまくりでしたね。
健太が監督をしてた頃が相当に昔みたいに感じます。
最も健太が監督やってた頃の浜大サッカーについては生でもTVでも見てないんで一概にどうだ!ということはいえないんですけど、なんだかどこかで見た光景なんですよ。
パッサーの出し手がどこに出したらええんだかわかりましぇん!という感じでおろおろしてます。
その隙に沢入率いる中京大(最も沢入さんが監督じゃないんですが、個人的に沢入さんは好きな選手でしたんで、ついついな(苦笑))がボールを剥ぎ取って自分たちのペースで試合をしていく、という感じ。
浜大、全選手にもどかしさを感じてる印象。
どないしたらええねん、という感じでしょうかね。

・・・去年以後のジュビロみたいやな・・・。
ただ、よう分かりません。
後半は多少気合の入り方がいい方向にいったんでしょうね、攻められるまでに行きました。
それでもまだ攻撃にワンテンポぐらいずれる感じ。
素人でも分かりますよ、見ててさ、「ここでパス!」という感じで出したいんだけど実際は遅れてる。
ちと浜大、今日は内容的にあかんかったな。
やはり桑たん・・・。

一方の中京大は去年、一昨年あたりからじわじわと力をつけてきてる感じでだんだんコンビネーションがようなってきてます。
次の試合も楽しみです。

第2試合
静岡産大vs三重中京大学(旧:松坂大学)
静産大は知る人ぞ知る「いわしん大学」、そう、磐田市にある大学ですからやはりどうしても応援してしまいます(苦笑)
さらにパワーアップしましたね、特に今日の相手の三中大は去年の対抗戦で優勝したところですんで決して弱いところではない。
それでもみんなが流動してどんどんサイドなんかもえぐっていって、ホントに一人ひとりがよくサッカーを知ってる印象。
そういえば練習試合でジュビロに勝ったんだよな、なるほど、という感じの試合運び。
相手に攻撃させない、というところなど、選手たちは相当に自信持ってプレーしてます。

・・・最も今のジュビロに勝ったところで参考にもならんのだけどな・・・今のジュビロはもう静産大のスパーリング相手となった感じのだよな・・・静産大のつめの垢をせんじて飲んだらどない?

浜大0-2中京大
静産大3-0三中大(前半で帰ってます^^;;;;;)

落ち込んでる暇はない!レースじゃレース!

・・・とは言っても落ち込むわな。。。はぁ。
まぁ、ジュビロの昨日の試合内容、よう分かりませんがいずれにせよ負けは負け、次に向かってゴ~!(と、ノー天気でごめん^^;;;)

さて、レース関係も次のレースに向けていろいろ準備を行ってるわけなんですが、今週は中休み、ということで、割かし僕自身も比較的楽ちんな週だったわけです(といっても定時であがったのは1回もないんですけど・・・・やることはたくさんあるわけです)

レース関係の概況をここで書くことになるとは思いませんでしたが(苦笑)とりあえず、書きます。

4月16日~4月17日
全日本2輪レース@鈴鹿
鈴鹿のどこかにいます、それこそピットの上かピットの中・・・。
まあ、僕が行ったところで邪魔しに行くようなもんですんで鈴鹿のいろんなところを楽しんでみようかな、と思います。

5月3日~5月4日
スーパーGT選手権(旧全日本GT選手権)@富士
御殿場までどうやっていこうか悩んでます(^^;;;
住んでる方には悪いけど、あそこは静岡県、という感じがしません、関東でしょう(^^A;;;
んなこといったらやね、佐久間なんておもいっきし愛知やんけ!
そういうことで気にすることはないわけです(何に)
行きかたとしたら、清水の親戚んところを拠点に行くのが多分理想ではないだろうか、と思うわけで・・・ちと考え中。
まぁ、如何せん御殿場そのもの行ったことありませんが(苦笑)それなりに楽しんできます・・・楽しめるんか?(^^;;;;;;;

以上の日にサッカーがありますが、サッカー遠征についてはキャンセル。
まぁ、これはしゃあない。
どこかでお休みもらいます。

富士については9月下旬にもう1回ありますんでよろしく!

 

明日の試合

頑張れ!


以上。



寝る。


Zzzzz。

2005年4月3日の試合(デンソーvs愛媛)

今季初のJFLでした。

去年、ホンマにボロボロで手もつけられない状態だったデンソー。
今年は大幅にメンバーが変わりました。

各ポジション(DFとかFWとかな)に確実に一人は入れ替わった感じで・・・そらあんた8人退団ですからね(苦笑)それなりに入れなあかんやろ。

で、個人的に今回入ってきた選手の中で気にしてるのはジュビロユース出身の松裏・・・そらそうです(^^;;
若いなりに甲府とかいろんなところでやってきてる経験をどんどんデンソーで出してもらいたいもんです。

で、今日見た試合の感想。
去年よりは確実によくなってると思うんです。
パスの精度とか、終盤までの集中力持続などまだ修正してかなあかん部分はあるんでしょうけど、それでも去年よりもいいですね。
何よりも、元気がいいですわ。
まずこれに進歩を感じました。
特にいい動きをしてたな、というのは「前半の」村田(後半はバテたな)
あれだけ動き回ってくれたら最高でしょう!
古株になったオイサー伊藤も相変わらず汚れ役に徹してるし(しかしああい芸風・・・芸風言うな(^^;;;;・・・はゴンに通ずるものを感じます)
西原キャプテンのリーダーシップも3年目を向かえ、らしくなった印象だし。
確かに愛媛との力の差はあるかもしれないけど、今日負けたけど、悲観する材料はない!と断言していいよ。
まだ開幕してコンビネーションとかも問題ある部分があるけど、大丈夫だろう!

少なくとも去年よりはいい目で見てます。

で、松裏。
まだ遠慮してるのか、それとも調子が悪かったんかわからんけどコンビネーションがよくなかったな。
次に期待したいところです。
最も「次はない」の気持ちで試合に挑んで欲しいですが。

次のホームは4月16日、待ってましたの刈谷でのゲームです!
18:00から開始だす!

デンソー0-1愛媛FC

2005年4月2日の試合(静岡ダービー@エコパ)

TOPは今日更新するヒマがないんで(眠い)こっちだけ更新しておきます。

今季初(プレマッチ除く)のジュビロゲーム出動となったんですが、とにかく足が痛くってな・・・。
足裏痛というんでしょうか・・・ちと病院に行ってこようと思います(><

それはさておき、その初戦がダービーということで、調子が悪くてもとにかく勝て!というのがこの対戦なんでこっちも気合が入るってもんです。
それにしても今日はよく入りましたね、37000人ですんで最近25000だとかそれ以下だった去年のエコパでの収容員数からすると相当なもんです。
2階席のメイン以外が自由席チケットでいける、ということがそれなりに効いたんかな、という感じですが、よく入ってくれました。

前半から気合入れて攻めていくジュビロなんですけど、ちと空回り気味。
何本かミドルシュートはなってましたが、逆に言えばPエリア内まで切り込んでいけないわけなんですね。
そうこうしてるうちに、清水にFKの時間がやってきました。
キッカーは誰だろう・・・とかいろいろ考えてたら、なんと、あの森岡が決めよった。
どういうことなんですか!よりによって!自信つけちゃうじゃないですか!
・・・まぁ、そうめったに見られるもんではないんで・・・逆に鬱やがな。

これに明らかに動揺したジュビロ(そらそうや)完璧にボロボロになります・・・。
そのプレー一つ一つにはこれっぽっちのメッセージが見えてきません、まさに惰性で動いてるんで相手からは、
「ちっとも怖くないズビロ田舎」なわけなんです。
当然応援してるほうからしても逆のほうに声のパワーを使うことになる。
最悪の雰囲気の中で前半が終わります。

もうね・・・なんだかんだ言っても清水にだけは負けちゃだめ!
こっちも気合入れて応援するんですけどね・・・クソ・・・。

後半少しはようなるかな~と思ったんですけど・・・あまり変わりません。
フォロー、バックアップに行かん、連動して動けてない、パス出しするのに難儀する・・・下手くそなサッカーをしてますね。
しまいには相手にパスしてカウンターくらって・・・キタジ怪我したみたいですが。

その後、AFCもあるからなのか分からんけど名波、グラウ、西をベンチに下げてカレン、ノブオ、成岡と相次いで入れる。
にわか3トップ(というかこれがホントの3トップなんでしょうけどね)見事に的中して清水DFがばたばたし始める。
菊地がぐいぐい切り込んできたり、村井もいいクロスをヨンスに上げてきたり(ハンド見逃されたり)まぁ、いろいろあってカレンが右からぐいぐい切り込んだ(菊地か)ボールを斉藤をうまく使ってゴール!1-1!!
カレンはJリーグ初ゴールということでおめでとうさん。
ゴールしたいならばどんどんPエリア内に入ってこい!
入ってこないFWなんかいりませんから!

その後も惜しいシーンとかありましたが1-1のドロー。
引き分けは最低ラインとしましょう。
でも、シュート16-8とジュビロ圧倒・・・圧倒してる感じ?・・・全然しませんでしたけど。
もう少し自信もとうぜ!
曲がりなりにも完全制覇したことあるんだろ?
今のジュビロちっとも怖くないぞ!
そういった中で若手で1点とった。
このことは自信を持っていいと思います。

次!前向くしかないんだから!
ご来場者

順位表
プロフィール

三河のマツ

  • Author:三河のマツ
  • ジムニーシエラ乗りのサッカー好きです。
    3度の飯よりもサッカー・・・いや、食うのは嫌いじゃないけど(笑)
    応援してるところは、純粋な地元になるジュビロ磐田、でもって、今現在地元クラブであるJFLのFC刈谷です。

    外面からは想像できないでしょうが(って誰が知っとんねん)かなり『風』な性格であっちこっちに風来坊的にぷらっとでかけます。
    本質的に縛られるの嫌い、縛られる!と思うと逃げちゃいますwww
    このブログもなるべき自分が風になった感じで颯爽と書ければいいな、と思います。

    でも颯爽・・・己の外面では似あわん言葉だな(爆)
カレンダー
03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
提供

協賛サイト
スタジアムへ行こう!
応援クラブ
羅針
未来へ、まっすぐ。FC刈谷
Start the movement!!
さっかりん様
素材サイト

あらたさんちのWWW素材集
ぺそぎんポータル

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アウェーに便利サイト

モール・オブ・三河人語








暮らし役立ちサイト



無料ホームページサービス「デジデジ」

ただ今の時刻
J1の日程。

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
RSSフィード
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。